オールアバウトの電子書籍が拓くもの

電子書籍作成販売プラットフォーム「パブー」にオールアバウトの電子書籍ブランド「All About Books」が登場  http://corp.allabout.co.jp/corporate/press/2010_02/110207_01.htm

All Aboutの新規事業テーマとして検討してきた「電子書籍」。検討期間一年を経てようやくリリースにこぎつけた。マルチデバイス、マルチプラットフォームで全ての人に専門家の「知」を伝えたいという思いのもと、第一弾としてパブーでepub・pdf形式の配信を開始した。

一年前に比べると、頻繁に開催されていた電子書籍の勉強会もなんとなく終息したかに思える。啓蒙期がおわり、今やメーカーから流通、キャリアまで多くのプレイヤーが電子書籍への取り組みを強化している。一方で出版社などのコンテンツホルダーはどうだろうか?2011年3月に10万冊のラインナップをめざしたが3万冊くらいしか確保できなそうとの情報もあり、なかなかコンテンツ供給が追いついていないように思える。せっかくの「知」の結晶を早く解放してもらいたい。

オールアバウトはガイドと呼ばれる専門家が実名で経歴を明かし、それぞれの専門テーマにそって情報発信を行っているwebサイトです。大半のガイドが著書をもっており、日本でも類をみない大規模な執筆陣といえます。またストック性を意識してつくられた累計10万本におよぶ専門記事も大きな資産。これまでは専門家の「知」をwebサイト上の記事として発信していましたが、電子書籍という新しい形式で「知」の流通を行っていきます。

検討時やリリース後のtwitterなどでも、web上で読めるコンテンツに有償の価値があるのか?という疑問を提示されました。

そこに価値を見出せるかどうかは個人の問題であって評論に意味はありません。少なくとも私自身は、モバイル端末からネットワークに接続して、データをダウンロードすることにストレスを感じます。また、マルチリンク構造ゆえに複雑化・肥大化したweb上の断片情報の累積よりも体系的に情報を得るよう編集された書籍という形式のほうが便利だと感じます。氾濫する情報をまとめあげるキュレーションという活動が注目されていますが、webコンテンツの電子書籍化はキュレーションよりも高次の活動だととらえています。よって私は情報を探す無駄な時間と体系的に情報を得る保証のために数百円のお金を払うことを厭いません。

今回、電子書籍化するにあたり「編集」行為の重要性をあらためて感じました。情報は氾濫し、自分にとって必要な情報を得るために人々は多くの時間を費やしています。キュレーションや電子書籍化はそれらの時間の無駄をなくすひとつの解決策です。そしてそれを職業にしているのが出版社や新聞社に偏在する編集者や記者であり、彼らがwebコンテンツの世界にシフトしてくることを切望します。電子書籍の新たな市場を生み出すのはテクノロジーだけではなく「人間」なのだと思うのです。

参考)paperboy&co.「パブー」にて刊行されたオールアバウトの電子書籍はコチラ                   http://hari2.booklog.jp/?eid=21

広告

オールアバウトの電子書籍にあなたのコメントが掲載されるかも(Part2)

AllAboutで密かに進行する電子書籍プロジェクト。恋愛アンケート第二回です。

第一弾では恋愛にまつわるさまざまなテーマで投票調査を行い、当世恋愛事情を解説します。

コメントに採用された方には掲載された電子書籍(iPhone版)をプレゼントいたします。ご希望の方はプレゼント送付先メールアドレスにご記入ください。記入のない場合、メールアドレスが間違っている場合はプレゼント送付できませんのであらかじめご了承ください。アンケート送信後に回答内容が表示されますがこの内容は第三者には公開されません。

皆さんからの投票を心よりお待ち申し上げます。

なお投稿コメントの取り扱いに関しましてはコチラ、個人情報の取り扱いに関しましてはコチラをご確認ください。










オールアバウトの電子書籍にあなたのコメントが掲載されるかも(part3)

AllAboutで密かに進行する電子書籍プロジェクト。

第一弾では恋愛にまつわるさまざまなテーマで投票調査を行い、当世恋愛事情を解説します。

コメントに採用された方には掲載された電子書籍(iPhone版)をプレゼントいたします。ご希望の方はプレゼント送付先メールアドレスにご記入ください。記入のない場合、メールアドレスが間違っている場合はプレゼント送付できませんのであらかじめご了承ください。アンケート送信後に回答内容が表示されますがこの内容は第三者には公開されません。

皆さんからの投票を心よりお待ち申し上げます。

なお投稿コメントの取り扱いに関しましてはコチラ、個人情報の取り扱いに関しましてはコチラをご確認ください。










オールアバウト、ウェブマガジン「For M」のiPadアプリを提供開始 http…

オールアバウト、ウェブマガジン「For M」のiPadアプリを提供開始
http://corp.allabout.co.jp/corporate/press/2010_01/100907_01.htm

iPhoneとPC(固定、ノート)があると、iPadの立ち居地というのはなかなか難しい。外出先では軽いiPhoneで十分だしがっつり仕事するときは固定PC、屋内で持ち運ぶときはノートPCがある。もとはといえば新しいデバイスを体験するという目的で購入にふみきった経緯。
今のところの用途としては、子供向けのインタラクションのある絵本と雑誌閲覧用(ビューン)。
書籍や雑誌閲覧デバイスとして使えるとはいってもやはりiPhoneの小さい画面ではビジュアル品質は打ち出しにくく、iPadの大画面はストレスなく、雑誌を閲覧することができる。
今回、オールアバウトが男性向けウェブマガジン「For M(フォーエム)」をiPadアプリとしてリリースしたのだが、webサイトで見る以上に遷移がスムーズでみやすい。マルチリンクでいろんなところに遷移できることは一見とても便利だが、ページ遷移が一方向に規定されていることがかえって心地よく感じるのは私だけではないだろう。

いつでも買える、保存しやすい、管理しやすい、そのような利点だけとっても雑誌がiPad対応することの意味はある。紙の雑誌の部数は減少しても、雑誌をつくる人たちのエネルギーがweb上に展開されて高品質なコンテンツがwebに展開していくことを心待ちにしている。

参考リンク
For M http://form.allabout.co.jp/
ビューン http://www.viewn.co.jp/

NHK文化センターと共同講座を開始

昨日、全国でカルチャースクール”NHKカルチャー“を展開する株式会社NHK文化センターと共同講座開始のプレスリリースを実施しました。

AllAboutのガイド5名がNHKカルチャーで講師として講座提供を行います。具体的には「相続対策」「マンション選び」「整理収納」「プランターではじめる家庭菜園」「女性のための立居振舞い・会話術」の5講座です。興味のある方はコチラからご覧ください。

オールアバウトは専門家の活用機会の創出を、NHK文化センターは従来にない新しい講座の開発を目的にしています。カルチャースクールは手芸や絵画など趣味の技能を身に付ける講座が中心ですが、そこにオールアバウトが暮らしに役立つ知識講座を提供することになります。学びの意向も、趣味的なものからより実用性の高いものにニーズがシフトしてきているようです。 この投稿の続きを読む

スタイルストア中国版、オープン

Human Tech Lab.はオールアバウトの非連続的な成長を生み出すための部署です。

デバイス対応やソーシャル化に並ぶ軸がグローバル展開です。

私が担当する中国プロジェクトにおいてようやくひとつのサービスをリリースすることができました。

2010年8月30日、スタイルストア中国版オープンです!

この投稿の続きを読む

オールアバウトより「iPhone利用者の実態調査」をリリース

本日、オールアバウトより「iPhone利用者の実態調査」をリリースしました。
4月にリリースしたiPhoneアプリ「All About リーダー」の利用者の方にアンケートを行ったものです。
―――
街頭でもよく女性がiPhoneをもっているのを見かけるようになりました。
調査結果によると、直近半年くらいで女性の利用者比率が増加しています。
性別でみると男性では40歳以上の含有率が36.4%をこえ、女性は30代がボリュームゾーンです。
スマートフォン所有者は富裕層という記事がたまにありますが、
所得の多い高年齢層の含有率が高いというのが実状なのではないでしょうか。
―――
スマートフォンは携帯できるPCという側面もありますが、やはりその魅力はアプリにあると思います。
利用期間が長くなるにつれて、アプリダウンロード経験率は高まっていますが、
女性と男性で比べると10ポイント以上も女性のダウンロード経験率が低いです。
これが性差によるものなのか、女性向けアプリ供給が少ないのかいろいろと仮説は考えられます。
カテゴリによっては女性のダウンロード経験率が男性を上回っているものがあるため、
性差というよりは、女性が求めるアプリが不足しているからだと考えます。
―――
実際、初期に飛びついたのは男性ですし、アプリ開発者も大半は男性。
女性目線で女性のためにつくられたアプリって潜在需要が大きいと思います。
AllAboutは生活総合情報サイトとしてレシピ、暮らし、マネー、住まい、旅行、ファッションなど
さまざまな分野のコンテンツを保有しています。利用者の6割近くは女性です。
それら保有するコンテンツとそれを生み出す専門家の知見を活かして、女性が使いたくなる
アプリをリリースしていく予定です。
―――
調査結果の詳細版はこちら
―――
同時にあふれるアイデアを実現するためのアプリ開発パートナーを求めています。
興味のある方はぜひご一報ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。